GoPro HERO Sessionを頂いたのでHERO4 Black Editionとの比較レビュー

シェアする

おはこんにちばんは、オトモレ @otomore01 です。
とあるLT(ライトニングトーク)大会で優勝し、景品として「GoPro HERO Seesion」を頂きました。
「はあ~HERO4 Black持ってるわ~~」とは言えないので、売るならせめて比較記事でも書いてからにしようと思います。

名称について

昨年までは「GoPro HERO4 Session」という名称で販売されていましたが、下位シリーズにあたる「GoPro HERO HD」が不振のため販売中止。
「GoPro HERO4 Session」から幾つかの付属品を省いて「GoPro HERO Session」へと改称し、2万円近く値下げになりました。

2016.08.20現在、購入可能なモデルは3つ。

  • 4K 30fpsが撮れるよ サイツヨ GoPro HERO4 Black Edition
  • [amazonjs asin=”B0157PETL8″ locale=”JP” title=”【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 ブラックエディション アドベンチャー CHDHX-401-JP”]

  • タッチパネル付けてみました GoPro HERO4 Silver Edition
  • [amazonjs asin=”B0157PET2C” locale=”JP” title=”【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 シルバーエディション アドベンチャー CHDHY-401-JP”]

  • 安い・可愛い・入門向け GoPro HERO Session
  • [amazonjs asin=”B01CDPSK5G” locale=”JP” title=”【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO Session CHDHS-102-JP”]

そもそもGoProってナンゾ

自転車・バイク・スポーツなどの動きのあるシーンでダイナミックな映像を残すことができるカメラを「アクションカム」などと呼びます。
GoPro社のHEROシリーズはその第一人者と言える存在。

YouTubeのGoPro公式チャンネルでは、このGoProで撮影されたさまざまな映像が公開されています。

外観

一部ピント合ってませんが雰囲気とかから感じ取ってください。

ハウジングあり(正面)

ハウジングあり(正面)


ハウジングあり(側面) Black(左)はバックパックバッテリー装着状態

ハウジングあり(側面)
Black(左)はバックパックバッテリー装着状態


ハウジングなし(正面) Session(右)はこの状態でも10m防水

ハウジングなし(正面)
Session(右)はこの状態でも10m防水


ハウジングなし(側面) アクセス部の蓋を外してある

ハウジングなし(側面)
アクセス部の蓋を外してある


Sessionの記録メディアであるmicroSDは斜めに挿入するので注意

Sessionの記録メディアであるmicroSDは斜めに挿入するので注意

比較

HERO4 Black Edtionの特徴

  • 高画質・高フレームレート
  • 目玉機能である4Kから720p 240fpsのスローモーション撮影までこなしやがります。
    ただし、負荷がかかる分だけ発熱量も多く感じます。実は熱暴走が原因で故障したことがあり、2度ほど本体を交換してもらっています。

  • 設定項目が多い
  • ビデオに関して言えば、12種類の解像度・解像度ごとのフレームレート・5段階のISO感度・Protune機能などなど、挙げ出すと面倒くさくなるくらい機能が豊富。設定項目多すぎて理解するまでに時間が必要です。

  • 豊富なアクセサリー
  • 高すぎる純正品からチープすぎる社外品まで、豊富に取り揃えております。Amazonならね。

HERO Sessionの特徴

  • 小さく軽量なロリボディ
  • これまでのわがままボディは何かと不便でした。
    ヘルメットに付ければ重く、車体に付ければ90°回転させるのにも苦労し、ハンドルに付ければカンナムスタイルばりに揺れる。
    これらの悩みとはもうオサラバです!

  • ようやくmicro USBを採用
  • ようやくGoPro社が時代に追いつきました。
    mini USBを余分に持ち歩かなくていいですよ。
    USB type-Cの採用には10年かかるでしょう。

  • 暗所には弱い
  • ISO 1600までなので暗いところには不向きです。
    小さい子は日が暮れたら帰りましょうってことなんですかね。

まとめ

ガジェットはハイエンド以外買うなっていつも言ってるだろ?
基本的に売ることもしないので、Sessionの軽さを活かすならクリップマウントで帽子等に付けるのが賢い活用法じゃないかと思います。